こだわりのカニ雑炊

鍋といえば最後の雑炊ははずせないでしょう!というアナタは、立派な日本人です。
その、鍋のあとの雑炊がとりわけ楽しみなのが、カニ鍋です。
カニと、白菜と、白ねぎと、しいたけ、ニンジン・・・様々な出汁がスープに溶け出しているカニ鍋は、まさに贅沢の宝庫。
雑炊を作る時は、雑炊に使う白米をさらさらっと水で洗っておくと粒がつぶれることなく、スープが絡まった米の食感を味わうことができます。
ところで、鍋将軍とは別に雑炊にこだわる雑炊将軍って、周りにいませんか?
白米を洗うのは常識。
白米とスープの量のバランス、煮立てる時間、卵を割りいれたあとの放置時間など、雑炊はこだわりの逸品といってもいい食べ物。
特にずわいは雑炊にすると美味しいですよ。

ズワイガニ通販NAVI

これから寒くなり鍋がより一層美味しい季節になります。


今年の冬は雑炊将軍を目指しては?

カニを鍋に入れるメリット

冬が近づくにつれて、カニが食べたくなってしまう私です。
それというのも、カニというのいろんな食べ方がありますが、鍋に入れたら最高においしくた食べることができるからです。
カニが鍋に入っているというだけで、不思議なことにとても豪華な感じがしてきますので、余計に美味しそうに見えるものです。
そして、鍋にカニを入れるメリットとしては、他にもあります。
それは、高級なカニじゃなくても問題ないという事です。
鍋にカニを入れる場合には、そんなに値段の高いものでなくても問題ありません。
その理由は、どちらにしても脚を外して入れたりしますし、そんなに大きなカニは鍋に入れただけであふれてしまいますので、小さなカニでも問題ありません。
ですので、脚が一本外れてしまったような訳ありが二でも何の問題ものないという事になります。
カニにはいろんな食べ方があるものですが、冬であれば鍋にカニを入れて、心も体もあたたまりたいものだと思います。